2021年の中国におけるエンタープライズクラスのコードレス化について ~ソフトウェア開発の新しいパラダイムを定義する~

中国のノーコードはスタートが遅かったが、この2年間、市場、流行、資本に後押しされ、市場の需要が膨大になり、加速的な発展期に入ったといえる。


エンタープライズレベルのノーコードの核心は、

①ノーコード:これまでのビジネス要件とプログラミングロジックのドッキング方法を変え、ノーコード(ノーコードプロダクション)でビジネス要件をドッキングし、生産方法を根本的に変え、中間遷移リンクを節約すること。

②エンタープライズレベル:ロジックやプレゼンテーションの複雑性が高く、大容量の要件、高いセキュリティや信頼性の要件を持つ企業の要求に応えることができること。

③データドリブン:フォーム/モデルとは異なること。

④データを活用してビジネス要件を実現すること。 

フォーム/モデルドリブンとは異なり、エンタープライズクラスのコードレスは、フォームレベルでの純粋な抽象化からデータレベルでの抽象化への変換を完成させ、柔軟なデータをグリップとして、ビジネスとデータの間に閉ループを作り、アプリケーションがビジネス要件の変化に自動的に適応し、ユーザー側に完全なコードレス状態のトレーサビリティを示すことを可能する。


デジタル化が進むにつれ、顧客のニーズや基盤となる技術も大きく変化している。 伝統的なソフトウェア開発アプローチでは、産業環境の変化によるビジネス要件の変化に迅速に対応できないことは明らかである。また、中国のソフトウェア産業の急速な発展により、IT人材に対する強い需要と現在の人材供給との間にミスマッチが生じ、高価な人材と高い離職率の問題が企業の発展を制限する重要な要因となっている。下流企業の伝統的な情報技術建設は効果的ではなく、自社の


建設ニーズに対する曖昧な認識が さらに、当事者B(ITサービスベンダーやソフトウェア会社)に転送され、結果的に双方の「コスト削減」「効率化」「品質」の要求を満たすことができなくなる。 安定した運営、革新と発展、差別化された競争力の創出、第二の成長曲線の模索は、今やベンダーの共通の要求となっている。


ソフトウェアエンジニアリングの歴史の中で、プロセス指向からオブジェクト指向のツールや言語への変化、あるいはScratchやAxure、最も身近なExcelソフトの登場など、いずれもコードレスを追求し、開発アプリケーションの敷居を下げ、効率化を図るための大胆な実践。 企業レベルのコードレス化は、業界の分業化、ビジネスモデル、開発モデル、開発プロセス、開発者の役割などの変化により、見通しが大きく飛躍し、ソフトウェアエンジニアリングを推進してきた。


ベンダーの参入、コードレス開発技術の研磨と析出、開発プラットフォームのエコシステムと業界標準の漸進的な改善、AIやデジタルツインなどの最先端技術の深い応用により、従来の開発の「思考の足かせ」はさらに破られ、すべての人のための革新的な開発と、すべてのプロセスとドメインのコードレス化の実現はすぐそこまで来ている。




NoCode Dashに問い合わせるVIEW LIST
NEW