ノーコードを活用する
アパレルECサイトの始め方とは?運営する課題についての解決案も!
カテゴリー1
2021-05-17

いつでもどこでも自分のスタイルで買い物ができるのが、ECサイトの魅力です。

中でも今注目されているのが アパレルECサイト。

実店舗とデータを一本化し顧客管理をするオムニチャネル手法で業績を伸ばし、誰もが利用できる業態に成長しました。


この記事ではアパレルECサイトの将来性に着目し、新たに参入したい方に向けて「ECサイトの始め方」について解説します。

具体的なサイトの立ち上げ方法や成功事例など、すぐに役立つことばかりです。後半では運営する上での課題や解決方法についても触れていきます。


アパレルECサイト開設をご検討中の方に必要な情報をお届けしますので、サイトの開設や運営の参考にしてください。





アパレルECサイトは実店舗を持たなくても洋服が売れる



アパレルECサイトは、オムニチャネルという手法で業績を伸ばしてきました。しかしコロナ禍の時代となり、実店舗に依存したビジネスモデルが厳しさを増しています。

今後は実店舗を持たなくても洋服が売れることが予想され、アパレル業界はECへの取り組みが欠かせないものとなるでしょう。


アパレルECサイトは市場規模が大きく、今後も伸びていくことが期待される業界 のひとつです。アパレルECサイトが伸びている要因として、以下の3つが考えられます。


  1. 業界全体の業務効率化が進んだ
  2. スマホが高齢者層に普及した
  3. オムニチャネルにより顧客満足度を高めた


詳しくみていきましょう。


1.業界全体の業務効率化が進んだ


過去数年間で業務の管理・運用を効率化するためのツールやソリューションが誕生し、運用されています。業界全体で業務の効率化を進めたことで、アパレルECに参入するブランドが増え、顧客の増加に繋がりました。


2.スマホが高齢者層に普及した


スマホの普及によりインターネット経由でのEC取引額が増加していることも、アバレルECが伸びている要因のひとつです。近年では高齢者のスマホ保有率が高まっており、消費支出額の大きい高齢者層の利用がEC市場拡大に繋がっています。


3.オムニチャネルにより顧客満足度を高めた


オムニチャネル手法で実店舗とインターネットを統合した販売システムが構築されました。「ネットで注文し実店舗で受け取る」「実店舗でネット注文し自宅に届く」など垣根のない販売戦略が顧客満足度を高める結果となっています。


アパレルECサイトは、上記のような要因から売り上げを伸ばしてきました。コロナショックで実店舗が大きな打撃を受け、店舗ビジネスからECサイトに転向する企業が増えています。

今後、アパレル業界ではECでの販売比率が実店舗に近づいていくといわれており、ECサイトを始めるには良いタイミングといえるでしょう。

アパレルECサイトの始め方を学ぶ

さまざまなECサイトの普及により、簡単な操作でサイトを運営できるツールが一般化しています。ドロップシッピング (在庫を持たないECサイト運営)を利用すれば、最低限の投資で個人でもECサイトの立ち上げが可能です。

しかし、サイトを始める前にある程度の知識がないと、運営を成功させるのは難しいでしょう。


ここからは、アパレルECサイトの始め方について解説していきます。これからECサイトを立ち上げたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。


商品のターゲット層を定める

アパレルECサイトを始める上で、最初に決めておくべきことは、商品のターゲット層です。

例えば「20代前半の女性」は「安くて可愛いカジュアルな服」を、「30代のOL」は「オフィスに着ていける高品質な服」を探しています。需要に合った商品をすぐに見つけられなかったら、女性たちはあなたのサイトから離れていってしまうでしょう。


ターゲットが明確でないと、顧客のニーズに合ったサイトが作れません。どの年代の、どんな立場の人に着てほしい服なのかをよく考えて、需要に合った商品やサイトのデザインを構築していきましょう。


ECサイトの種類を分析

ECサイトにはさまざまな形態や種類があります。アパレルECサイトの種類や特徴、メリット・デメリットについて解説しますので、どのタイプが自分に合っているのか分析してみましょう。


アパレルECサイトには、以下の3つの種類があります。


  1. メーカー・ブランド直販型
  2. モール型
  3. 個人サイト型


それぞれ詳しく見ていきましょう。


1. メーカー・ブランド直販型

実店舗とオンラインストアを同時に展開する、アパレルメーカー・ブランドが運営するECサイトです。実店舗とECサイトの両側からアプローチできるため、顧客の利便性が高いという特徴があります。


自社のオリジナル製品のみを取り扱うため、ブランドの世界観に合ったブランディングができるのもメリットです。オムニチャネル戦略や、アプリ・SNSなどを連携させた顧客の囲い込みで、売上アップを狙えます。


反面、モール型のように「複数のブランドを見比べて買い物をする」という楽しみ方はできないので、顧客のターゲットは絞られるでしょう。サイトの信頼性や集客も独自で対応しなければならず、負担が大きくなるのがデメリットです。


2. モール型

さまざまなブランドが、ショッピングモールのようにひとつのECサイトに入っているタイプをモール型といいます。

モールに出店するにはテナント料を支払う必要がありますが、モール自体に信頼性や集客力があるので自社の負担が少ないのが特徴です。


多種多様な商品を扱っているため、カテゴリやカラー・サイズなどから絞り込んで欲しいアイテムを検索できます。モール型のメリットは、ECを始めたばかりのサイトでも認知の拡大が期待できるところです。運営も任せられるので、別のことに集中できるのもメリットといえるでしょう。


デメリットとしては、他社商品との競合や、自社製品を選んでもらうための工夫、ブランディングの難しさなどがあげられます。


3. 個人サイト型

個人で経営を行い、チェーン展開をしていないECサイトが個人サイト型です。

実店舗をもたず、ECサイトのみで運営している場合もこれに含まれます。


サイト経営者が自分の好きなものを展開できるため、大手のサイトやモールECでは扱えないようなものを自由に選べるのがメリットです。


レンタルサーバーを借りてホームページを作る方法と、 レンタルショッピングカート(ASP)を利用する方法 があります。

ASPとは、アプリケーション・サービス・プロバイダーの略で、ウェブブラウザー上で利用するプラットフォームです。ネットショップ運営のためのショッピングカートや受注管理システムを提供してくれるので、簡単にECサイトを始められます。


個人サイト型のデメリットは、開業当初は知名度が低いため、モール型と比較すると集客が難しいことです。レンタルショッピングカートを利用した場合、集客、運営、管理、リピート対策などの機能は揃っています。しかし、個別のニーズに対応した形になっていないため、SNSと連携した経営が必要になるでしょう。


ファッション系ECサイトのモール型・個人サイト型を参考にする

ファッション系のECサイトを始めるなら、モール型または個人サイト型を参考にすることをおすすめします。それぞれの特徴を知り、どちらが自社に向いているか検討しましょう。


【モール型】

  • モールECに出店するための初期費用・月額費用が必要
  • 初期費用・月額費用とも0円からさまざまなプランがある
  • 出店料無料でも決算時にマージンを支払うシステムのモールECもある


【個人サイト型】

  • レンタルサーバーを借りてホームページを作りショップを開く
  • レンタルショッピングカート(ASP)などを利用すれば、初期費用・月額料金ともに無料で始められる




ECサイトの立ち上げ


ここでは、ECサイトを立ち上げるための具体的な手順をご紹介します。


まずはECサイトサービスの契約が必要です。モール型と個人サイト型のどちらで開設するかで方法が異なるため、事前に決めておきましょう。


【モール型】

  1. 出店したいモールを決める(楽天市場・amazon・yahoo!ショッピングなど)
  2. 各モールECの規定に基づいて必要な書類や商材写真などを用意する


【個人サイト型】

  1. レンタルサーバーと契約する場合は、サーバーを選びドメインを取得する
  2. レンタルショッピングカート(ASP)で開設する場合は、サービス会社を選ぶ(MakeShop・ショップサーブ・BASEなど)
  3. それぞれの規定に基づいた書類等を用意する


仕事道具を揃える

ECサービス会社との契約が済んだら、必要な仕事道具を揃えましょう。

アパレルECサイト開業に必要な道具は、以下の通りです。


  • インターネットに接続できるパソコンやスマホ
  • デジタルカメラ、プリンターなどの撮影機材
  • 商品
  • 梱包資材


パソコンのモニターの前で長時間過ごすことになるので、なるべく大きなモニターを選びましょう。パソコンから発信してもスマホから注文が来ることが多いので、表示画面を確認するためにスマホも必要です。


デジタルカメラはそれほど高機能のものではなくてもいいので、商品をきれいに写す技術を身につけましょう。 高画質な画像はサーバーに負担がかかり、アップロードにも時間がかかるので注意が必要 です。

プリンターは、領収書や商品配送時に同梱する納品明細書を印刷する際に使用します。


梱包資材は、商品を破損させないために大切なものです。エアキャップ・結束資材やガムテープ・段ボール・配送袋など、商品に応じて数種類を用意しておきます。

「またこのショップで買いたい」と思ってもらえるように丁寧に梱包しましょう。

配送方法の決定

次に決めなくてはならないのが配送方法です。

ECサイトの配送方法は、大きく分けて以下の3つがあります。


  • メール便
  • 宅配便
  • ゆうパック


それぞれの特徴とメリット・デメリットを表にしました。

 
特徴 メリット デメリット
メール便
  • 全国一律料金
  • 重さ1kg以下、厚さ2cm以内などポストに当館できるサイズ
  • 配送追跡サービスあり
  • 低価格
  • ポスト投函でサイン不要
  • 配達時間を気にしなくてよい
  • 紛失の際の保障がない
  • 代金引換が利用できない
  • 時間帯指定ができない
宅急便
  • ECサイトで最も利用されている配送方法
  • 出荷から到着までのスピードが早い
  • 対面手渡しの安心感がある
  • 輸送途中での紛失・破損などに対して保険をかけることも可能
  • 到着スピードが早い
  • 配送追跡可能
  • 時間帯指定可能
  • 代金引換が利用できる
  • 紛失・破損に対して保険を掛けられる
  • 高価格
  • 不在時に受け取ることができない
ゆうパック
  • サイズ3辺合計170cm以下、重さ25kgまで対応
  • 運賃はサイズとあて先別で算出
  • 最高30万円までの損害賠償制度あり
  • 郵便局で手荷物一時預かりサービスあり
  • 専用の包装資材がある
  • 配送追跡可能
  • 時間帯指定可能
  • コンビニ・郵便窓口受け取り可能
  • 持ち込み・同一宛先・複数口割引あり
  • アプリ利用・継続利用割引あり
  • 補償サービスが料金に含まれている
  • 3辺の合計サイズで料金が決まるため、中途半端な大きさだと「定形外郵便」の方が安くなるケースがある


どの配送方法を使うか迷った場合は、同一のサイズ・重さで料金を比較してみましょう。


他サイトの配送料設定をリサーチし、自分のサイトが極端な料金設定になっていないかチェックすることも大切です。


モールECやレンタルショッピングカート(ASP)によっては決められた基準があるので、そのルールに従いましょう。

集客の施策を練る

ECサイトでの収益は、集客ができるかどうかが重要です。

ここでは、ECサイトの集客施策について解説します。


ECサイトの集客で考えられるルートは、以下の3つです。


  • 検索エンジンからの流入(SEO対策)
  • インターネット広告からの流入
  • 他サイトのリンクからの流入


詳しく見ていきましょう。


検索エンジンからの流入(SEO対策)

Googleの検索エンジンで表示されたWEBサイトをクリックし、ECサイトを訪れるルートです。しっかり SEO対策(サーチエンジン最適化)をして、上位表示を目指したサイト を作りましょう。


インターネット広告からの流入

リスティング広告などのインターネット広告をクリックし、サイトに集客するルートです。検索したキーワードに対して広告が表示されるため、購買意欲の高いユーザーを集められます。


他サイトのリンクからの流入

facebookやtwitterなどのSNSや、他のWEBサイトからのリンクを通じて集客するルートです。若者を中心にSNSの普及率は高く、良い口コミの投稿や拡散で大きな集客効果が期待できます。


ECサイトを運営する上で、集客施策は最も重要です。さまざまな角度から、自社ECサイトの運営に適した集客方法を探っていきましょう。

アパレルECサイトの成功事例から学ぶ


ここからは、EC事業に成功しているアパレルECサイトを2社ご紹介していきます。

他社ブランドの成功事例からノウハウを学び、自社ECサイトの構築に役立ててください。


スカラー 細かな顧客データを基にした対応で成功

スカラーは、1999年に誕生した独創的でインパクトのあるデザインが特徴のファッションブランドです。

2007年にEC事業を開始し、ECプラットフォーム「futureshop」で自社ECサイトを構築しました。現在はECモールも活用し、5店舗のECサイトをモール出店しています。


スカラーの自社ECサイトの売り上げは、近年目覚ましい成長を遂げていますが、一体どのような理由があるのでしょうか。

スカラーが成功した理由は、以下のような販売戦略を行ってきたからです。


  • アパレル以外の商品も強化
  • 新商品の発売日を金曜日から木曜日に前倒し
  • 同梱物でF2転換を強化
  • 顧客データを元にきめ細かいサービスを実施


上記4点について詳しく解説します。


アパレル以外の商品も強化

スカラーでは、化粧品ブランド「MICCOSMO」と共同開発した化粧品の販売を開始しました。これをきっかけに「MICCOSMO」のユーザーがスカラーに興味をもち、新規顧客の獲得に繋がった可能性があります。


新商品の発売日を金曜日から木曜日に前倒し

以前は金曜日に発売した商品が即日在庫切れになっても、土日が休業日のため月曜日まで対応ができませんでした。しかし、発売日を木曜日にすることで、在庫切れになっても金曜日中に週末の対応ができるようになりました。


同梱物でF2転換を強化

F2転換とは新規顧客が2回目の購入をすることで、新規顧客がリピーターになるかどうかはブランドにとって重要です。新規顧客への同梱物を工夫し、ブランドロイヤルティを高めて2回目以降の注文につなげる取り組みをしています。


顧客データを元にきめ細かいサービスを実施

顧客の属性や購買データなどを細かく取得できるECサイトの強みを生かし、手厚い接客や顧客対応を実行。一定の条件を満たした顧客にはノベルティを同梱するなどのきめ細かいサービスで、ファンを獲得しています。


このような取り組みがブランドのファンを増やし、売り上げの増加に繋がりました。

スカラーは、ECサイトならではの顧客データを生かした細やかなサービスで成功した事例といえるでしょう。


スカラー公式サイトはこちら

アダストリア 商品のスタッフ着用画像を増やしリアル感が倍増して成功


アダストリアは多数のブランドを展開しているアパレルメーカーです。中でも自社ECサイト「.st(ドットエスティ―)」は、2020年2月期末からの3か月で会員数が20万人増加。今注目のアパレルECサイトに成長しました。


実は、新型コロナウイルスの影響で2020年3-5月期におけるアダストリア単体の売上高は、前年同期比56.5%減益でした。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出自粛・商業施設の休業・営業時間短縮などが、実店舗の売り上げを直撃したためです。


しかし、こうした環境下にもかかわらず、自社ECサイトは売上を拡大しています。アダストリアは、どのような取り組みでECサイトの売り上げを伸ばしてきたのでしょうか。


それは、 スタッフによる商品着用画像を増やし、個人や店舗のインスタグラムでライブ配信を行う というものでした。

具体的にどのように進めてきたのかを3つのポイントで解説します。


ポイント1:スタッフによる商品着用写真の投稿を強化

2018年にスタッフ個人がスタイリングを投稿する「STAFF BOARD」が始まり、顧客の認知を得ていました。コロナ禍でも、自宅待機中のショップスタッフがスタイリング投稿を継続できるよう、直接商品を送りサポートを行ったのです。


ショップスタッフは自宅からスタイリング写真を投稿し、顧客に向けて商品の着用感や素材感をわかりやすく伝え続けています。モデルを使用したスタジオ撮影は休止になっていたため、ECサイトの商品ページにもスタッフの画像を活用することになりました。


ポイント2:インスタグラムのライブ配信でオンライン接客

ショップスタッフが個人や店舗のアカウントで、インスタグラムのライブ配信を行いながらオンライン接客を始めました。

視聴者からのコメントにリアルタイムで回答できるため、店頭と変わらない接客ができると好評です。商品の紹介やコーディネート提案、着用感などを動画でわかりやすく伝えられるため、ECでの買い物不安を解消できます。


ライブ配信は「顧客とショップスタッフのつながりを維持・深化させる新しい接客サービスの場」として、今後も継続する方針です。



ポイント3:「顧客の声」が購入を後押しするレビュー投稿

アダストリアでは、ECサイト訪問者の購入意欲を促すため「顧客の声」によるオンライン接客を積極的に行っています。

顧客のレビュー投稿促進のため、レビュー投稿者へのポイント付与を拡大する「レビューポイントアップキャンペーン」を実施。投稿件数が前年比で150%以上伸びる効果がありました。


アダストリアはコロナ禍での取り組みが成功した事例として挙げられます。まさにピンチをチャンスに変えたアパレルECサイトといえるのではないでしょうか。


アダストリア「.st」公式サイトはこちら


アパレルECサイトはコロナ禍の救世主


アダストリアの成功例のように、アパレルECサイトはコロナ禍の救世主となりえるのでしょうか。


結論からいうと、実店舗の売上が大きく打撃を受けた一方で、EC市場は拡大傾向となっています。


「家から出ないなら、家で過ごすための服を家で買いたい」

そう考える方が多くいることも、アパレルECサイトが伸びている要因のひとつでしょう。

ファッションも楽しみたいおうち時間ではECサイトが便利

まだしばらくは続きそうなおうち時間ですが「やっぱりファッションも楽しみたい」という方に、ECサイトは便利な存在です。


今勢いのあるアパレルECサイトはどんな感じなのか、自社サイトを立ち上げる前にリサーチしておきましょう。

ここでは、おしゃれで人気のあるアパレルECサイト3選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


【アイスー】


アイスー公式ECサイト


落ち着いたカラーが特徴の大人女子向けECサイト。小物を合わせたコーデ提案や、すぐに着てみたいアイテムが揃っています。新作のアップは毎週火曜と木曜の12時です。


【アクテ】


アクテ公式ECサイト


アクテは「シンプルなのにおしゃれ」とファッション関係者からも人気の高いECサイト。毎週火曜日20時配信の、次の日にアップされる新作紹介インスタライブは必見です。新規会員登録で1,000円オフのクーポンがもらえます。


【アメリカンホリック】


アメリカンホリック公式サイト

ベーシックで大人可愛いアイテムが豊富なブランドで、スタッフコーデを採用しているので参考になります。驚きの安さで見ていて楽しいサイトです。新規会員登録時や誕生月などに割引クーポンがもらえます。

アパレルECサイト運営での最大の課題と解決案


店舗へ行かなくても、いつでも気軽に利用できるECサイトでの買い物は、ファッション業界でも当たり前になりつつあります。

しかし、好調な一方で、様々な課題が生まれているのもアパレルECサイトの現状です。


ここでは、アパレルECサイトの運営側からみた課題と、有効な解決案があるのかどうかを探っていきましょう。

【課題】サイズ感が不明

実店舗には必ず試着室があり、実際に着用してサイズが合っているかどうかを確かめられます。ECサイトでは試着ができないため、画像や文字の情報だけでユーザーにサイズを選んでもらわなければなりません。

【解決案】色々な体型の方に試着してもらう

ECサイトにおける一番の課題であるサイズ問題には、さまざまな企業や個人のサイトが取り組んでいます。

「以前購入した商品とオンライン上でサイズ比較できる」「手持ちの服を自分で測り登録する」などの工夫も回避する方法のひとつです。


解決策のひとつとして、色々な体型の方に試着をしてもらい、画像のフィット感からイメージしてもらう方法も考えられるでしょう。

【課題】アイテムの合わせ方を伝えられない

実店舗ではショップスタッフがコーデの提案を行いますが、ECサイトでは単体での紹介が多く、アイテムの合わせ方を伝えられません。

【解決案】スタッフコーデ画像を載せる

ブランド直営のECサイトでは、ショップスタッフコーデを掲載しているサイトも多く、リアルなトレンドとして人気があります。

【課題】素材感が不明

素材の質感や触感は画像で伝えるのが難しく、撮影の仕方でも課題となっています。

【解決案】透け具合や厚みの画像・動画を載せる

撮影の際、照明を工夫して素材の透け具合を写しましょう。照明の位置を低めにすると、影ができて素材感を強調した写真が撮れます。部分アップで厚みや表面の触感を伝えるなど、素材にフォーカスした撮影を心がけましょう。動きのある動画で、しなやかさやボリューム感をみせるのもおすすめです。


試着ができないECサイトでは、 視覚と文字情報だけで洋服の魅力を伝えられるかが大きな課題 です。商品写真はECサイトにおいて重要な役割を担っているため、商品撮影の正しい知識を身につけて、最大限の情報を伝えましょう。


まとめ: アパレルECサイトを始めるなら今がビッグチャンス


アパレルECサイトの始め方を中心に、ファッション業界の現状や課題について解説してきました。

コロナショックで業界全体が落ち込んでいる印象でしたが、アパレルECサイトの売り上げは伸びており、更に成長を続けるでしょう。

今後は大手・中小企業から、小売り・個人経営者までたくさんの事業者の参入が予想されます。成長が目覚ましいIT技術を積極的に取り入れることで、よりサービスが多様化していくことでしょう。アイディアをすぐに生かせる業態は伸びしろがあり、夢があります。


アパレルECサイトを始めるなら、今がビッグチャンスです。まずは無料サービスを利用して、最初の一歩を踏み出してみてください。


NoCode Dashに問い合わせるVIEW LIST
NEW