ノーコードを知る
Gumroadの使い方は?支払い方法や使用上の注意点まで解説!
カテゴリー1
2021-05-17

Gumroad(ガムロード)は、音楽や動画、イラストなどさまざまなデジタルコンテンツを売買できるプラットフォームです。


Gumroadを利用すれば、クリエイターが自作のデジタルコンテンツを販売したい場合にかかる登録やアップロードなどの手間を大幅に削減可能。手間が削減されたことで、顧客へのリーチも容易になります。


この記事では、 Gumroadの特徴や決済方法の種類、実際の使い方や支払い について詳しく紹介します。


Gumroadについて知りたい人はもちろん、自分のコンテンツを販売するシステムを検討している人にも役立つ内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。


Gumroadとは?


はじめに、Gumroadとはどんなサービスなのかを説明します。


デジタルコンテンツの販売・購入ができる

Gumroadは、 デジタルコンテンツを手軽に販売できるウェブサービス です。販売できるコンテンツの例として、下記のジャンルが挙げられます。


  • 音楽
  • 写真
  • 動画
  • 電子書籍
  • イラスト
  • アプリケーション
  • 漫画
  • アニメ


売り手の事前審査などはなく、TwitterまたはFacebookのアカウントがある人なら誰でも数分でGumroadにログイン可能です。

商品のタイトルや簡単な説明、価格を設定しデータをアップロードするだけですぐに販売を開始できます。


決済は日本を含め約190ヶ国に対応しており、世界中に自作のコンテンツを売り出すことが可能です。


購入のみの場合は会員登録不要

購入のみの場合は会員登録が不要 で、買い手はメールアドレスとクレジットカードあるいはPayPalの情報のみで購入が可能です。商品を購入後、すぐにファイルのダウンロード用URLを入手できます。


面倒なアカウント登録の手続きをせずに済み、個人情報流出の心配も少ないため、安心して利用できるでしょう。


クレジットカード決済だけ?Gumroadの支払い方法はPayPalも利用可能


Gumroadでコンテンツを購入する際の支払い方法について見ていきましょう。


クレジットカードとPayPalに対応

Gumroadでは使える支払い方法は、 「クレジットカード決済」と「PayPal」の2種類 です。以前はクレジットカード一択でしたが、2015年6月からPayPalも利用可能となりました。必要な情報を入力した後、支払いボタンをクリックして購入完了です。


利用できるクレジットカードの種類として、公式サイト上で下記が挙げられています。


  • Visa
  • MasterCard
  • American Express(アメックス)
  • Diners Club(ダイナース)
  • JCB


Twitter・Facebookのアカウントでログインできる!Gumroadの使い方


GumroadはTwitterまたはFacebookのアカウントを利用してログイン可能。実際にGumroad内でコンテンツを販売、購入する方法を説明していきます。


販売方法

Gumroadでのコンテンツの販売手順です。

  1. Gumroadにログインする
  2. 販売コンテンツのタイトル、アップロードデータを選択する
  3. 販売金額を入力し「リンクを作成」をクリックする
  4. 内容を確認して登録完了



登録したURLを、 FacebookやTwitter、ブログやホームページに掲載してシェア しましょう。販売金額の単位は、初期設定ではUSドルになっていますが、設定画面から変更可能です。


金額はUSドルで上限5,000$まで、日本円で約52万5,000円まで(レートにより異なる)の範囲で決められます。


売上金から販売手数料を引いた金額が、毎週金曜日にPayPalアカウントへ振り込まれます。


銀行口座への振り込みはアメリカやカナダなどでは対応していますが、日本では現在PayPalアカウントのみです。


購入方法

続いて、Gumroadでの購入手順を見ていきましょう。


  1. 購入したいコンテンツの「購入する」をクリックする
  2. メールアドレスとクレジットカード番号を入力するか、PayPalを選択する
  3. PayPalの場合は画面が移行するのでPayPal上で購入を認証する


以上で購入は完了です。


完了後に表示される「見てみる」をクリックすると、その場でダウンロードが開始されます。

また、支払いフォームで入力したメールアドレスに届く レシートメール内の「Watch」をクリックしてもダウンロードは可能 です。


なお、コンテンツ購入後に会員登録をすることで、Gumroad内のライブラリへ購入コンテンツを保存し、Gumroadアプリ内での利用も可能となります。


Gumroadは日本語に対応している?


コンテンツの販売、購入ともに手軽で簡単な Gumroadは、日本語表記にも対応 しています。


アカウントの設定やリンクの作成、よくある質問のページなど、サイトを利用するために必要な情報はすべて日本語で表示されます。


販売リンクのタイトルや説明も日本語入力ができるので、日本人向けの販売もスムーズです。


ただ、各ページを開いた後、 ページ下部にある言語表記を日本語へ変更 る必要があります。

プライバシーポリシーなど、ページによっては英語表記のままの場合があるので気をつけてください。翻訳が必要であれば、Google翻訳などのツールを活用しましょう。


Gumroadは安全?利用する際の2つの注意点


Gumroadは利便性が高いサービスです。しかし、手軽であるが故に安全性について懸念する声も挙がっています。利用時に注意したい2つのポイントについて紹介します。


①再ダウンロードが可能

Gumroadで購入したコンテンツは、基本的に再ダウンロードが可能です。 購入時に受け取ったメールにあるリンクをクリックするだけで再ダウンロードできます。


タブレットやパソコンなど異なるデバイスで利用できる点や、誤ってコンテンツを削除してしまった場合にもすぐ再入手できる点はメリットといえます。


しかし、 購入者以外の手にリンクが渡る可能性も否めません。 一度購入すると何度でもダウンロードできるため、 リンクを知っている人なら誰でもコンテンツを入手できてしまいます。


②著作権侵害の可能性

Gumroad内での 著作権侵害の可能性 も出てきます。誰でも気軽にコンテンツを販売できるプラットフォームである一方で、 自作ではないコンテンツの無断販売など不正利用が懸念されています。


サイト内でのデータのアップロードが簡単で、他人の著作物を上げることも可能です。アップロードした後は、販売リンクをTwitterなどSNSで流すだけであり、著作者側も海賊版が作られている場合に気づかない可能性があります


万が一コンテンツの不正販売が発覚したとして、運営会社は海外の企業であり、国内の著作権侵害に関して迅速な対応が可能かどうかは曖昧です。


日本語表記に対応しているとはいえ、カスタマーサービスも日本語対応しているかは確認が必要でしょう。


まとめ:手軽にコンテンツの販売ができるGumroadを活用しよう!


Gumroadは、音楽や動画、イラストなどさまざまなデジタルコンテンツを売買できるプラットフォームです。


TwitterやFacebookのアカウントを利用してログインでき、販売コンテンツの登録も簡単なため、多くのクリエイターから人気があります。購入側も会員登録せずにコンテンツを入手できるなど、手軽さが好評です。


海外のウェブサイトですが日本語にも対応しており、英語がわからなくても利用でき、日本人向けのコンテンツ販売にも適しています。

Gunroadを活用して、自作のコンテンツを世界中に売り出してみましょう。


NoCode Dashに問い合わせるVIEW LIST
NEW