ノーコードを活用する
ネットショップ開業におすすめのサービス11選 | サービス選びのポイントも解説!
カテゴリー1
2021-05-17

インターネットとスマホの普及により、だれもが簡単にネットショップを始められる時代になりました。ネットショップを始めるためには、まず土台になるプラットフォームを選ばなくてはなりません。

そこでこの記事では、ネットショップ開業におすすめのサービスとサービス選びのポイントについて解説します。

「ネットショップ開業サービスにはどんなものがあるの?」

「初期費用はどのくらいかかるの?」

上記のような疑問にお答えしますので、ネットショップの開設を検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

ネットショップを開業する方法は主に2種類 | それぞれの特徴は?

ネットショップを始める際には、主に以下の2つの方法があります。


  1. モール型ネットショップ
  2. 自社サイト型ネットショップ


ネットショップを立ち上げる前に「モール型」と「自社サイト型」のどちらに出店するか選ばなくてはなりません

ここでは、それぞれの特徴とメリット・デメリットを比較してご紹介します。

ネットショップを始める際の参考にしてみてください。


①モール型ネットショップ

モール型ネットショップとは、多数の企業や商店が集まったインターネット上のショッピングモールのようなものです。 代表的なモール型ネットショップには楽天市場やAmazonなどがあります。誰でも一度は利用したことがあるでしょう。

モール型ネットショップには以下のような特徴があります。


  • 集客力がある
  • 信頼度が高い
  • 誰でも簡単に始められる


モール型の最大のメリットは集客力 です。ネットショップを新規で立ち上げた場合、SEO対策をした上でSNSなどで宣伝して集客をする必要があります。 モール型ならば、自社の認知度が低くてもすでに集客力があるため、販売も楽にできるでしょう。

「買ったものは必ず家に届く」という信頼度の高さと、成熟したサイトのため、誰でも簡単に始められる安心感があります。


ただし、出店している店舗数も多いため、ライバル店舗間の競争や集客が課題です。またテナント料や広告料、売上に応じたロイヤリティなどの出費が多い点もデメリットといえます。

②自社サイト型ネットショップ

自社サイト型ネットショップとは、自社でドメインを取得し、運営するネットショップです。かつてはゼロから構築しなければならず、高い技術力と資金力が必要でした。現在は中~大企業向けの「パッケージ」や低価格で個人向けの「ASP」などのサービスがあり、選択肢が増えたと言えるでしょう。

自社サイト型ネットショップには、以下のような特徴があります。


  • ブランディングができる
  • 利益率が高い
  • 販促がしやすい


画一的なデザインのモール型と違い、トップページや商品ページの レイアウトを自在にできるのがメリットです。 また、モールの出店料のような費用がかからず、高い利益を確保できます。

顧客情報も自社で管理できるため、一人一人に向けたきめ細かなサービスの提供ができ、リピート率の向上も図れるでしょう。


一方で、宣伝活動をしなければモールのような集客は見込めず、成果が出るまでにはある程度の時間がかかります。長期的な視点で運営せざるを得ない点がデメリットです。


おすすめのモール型ネットショップサイトの費用と手数料

モール型ネットショップと自社サイト型ネットショップの特徴の違いや、メリット・デメリットについてご説明してきました。


ここからは、ネットショップ開業におすすめのサービス11選をご紹介していきます。開業にかかる費用や、サービス選びのポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。


それでは、モール型ネットショップからご紹介します。ここでおすすめするモール型ネットショップは、以下の3つです。


  • 楽天市場
  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング


詳しくみていきましょう。

楽天市場

「楽天市場への出品」公式サイト


楽天市場は、 会員ID総数1億人超の巨大モール です。楽天ペイ・楽天カード・銀行・モバイルなど、日常生活で貯まった楽天ポイントをモールで利用できる好循環が期待されています。

巣ごもり需要から、食品のマーケットシェアが高いのも特徴です。


【楽天市場の特徴】

  • 「がんばれ!プラン」「スタンダードプラン」「メガショッププラン」の3つの出店プランから選べる
  • 月商が140万円を超えるとスタンダードプランが一番お得
 
がんばれ!プラン スタンダードプラン メガショッププラン
初期費用 60,000円
月額出店料 19,500円
年間一括払
50,000円
半年ごとの2回分割払
100,000円
半年ごとの2回分割払
システム利用料 月間売上高の
3.5~7.0%
月間売上高の
2.0~4.5%
月間売上高の
2.0~4.5%
登録可能商品数 5,000 20,000 無制限


Amazon

「Amazon出品サービス」公式


Amazonは、利用者数で国内最大級のショッピングモールです。他社のモールと比較して最も簡単に出品ができます。商品の保管から配送・返品までお任せの代行サービス「FBA」を利用することも可能です。


【Amazonの特徴】

  • Amazonの出品プランは大口出品サービスと小口出品サービスの2つ
  • 毎月50点以上の商品を出品するなら大口出品サービスの方が安く、様々なオプションサービスを利用できる
  • 販売手数料は約8~15%でカテゴリーごとに異なる
 
小口出品サービス 大口出品サービス
対象 毎月の商品販売数が49点以下 毎月の商品販売数が50点以上
初期費用 無料 無料
出店料 商品ごとに100円 + 販売手数料 月額4,900円 (固定) + 販売手数料
特別機能 なし 一括出品ツール、注文管理レポート、多様な決済方法の提供、独自の配送料金の設定、お届け日時指定の設定
オプションサービス なし スポンサープロダクト広告、法人向け販売、マケプレプライム


Yahoo!ショッピング

「Yahoo!ショッピング出店」公式


Yahoo!ショッピングは、初期費用・月額利用料・売上ロイヤリティ全て無料です。商品が売れた時点で決済手数料・ポイント・アフィリエイトの費用が発生します。低料金でモールの利点を生かした出店ができるのが魅力です。


【Yahoo!ショッピングの特徴】

  • ユーザーが商品を購入すると付与されるPayPayボーナスやTポイントのうち、2.5%~任意で16.5%(2.5%は必須)を出品者が負担
  • 商品が売れたら設定してあるストアポイント+1.5%のヤフーが実施するキャンペーン等の原資を負担
  • アフィリエイト経由で購入された場合のみアフィリエイトパートナー報酬原資と手数料を負担
 
初期費用 無料
月額利用料 無料
売上ロイヤルティ 無料
ストアポイント原資負担 1%~15%(現在1%は必須)
キャンペーン原資負担 1.5%は必須
アフィリエイトパートナー報酬原資 1%~50%(1%は必須)
アフィリエイト手数料 アフィリエイトパートナー報酬原資の30%


無料でネットショップを開業できるおすすめサービスランキング

次にご紹介するのは、無料でネットショップを開業できるおすすめサービスランキングです。現在ネットショップを運営しているオーナーの間で人気の高いサービスをピックアップしました。

ここでは、以下の5つのサービスをランキング形式でご紹介します。


  1. BASE
  2. STORES
  3. イージーマイショップ
  4. Ameba Ownd(アメーバオウンド)
  5. FC2ショッピングカート


それぞれの特徴や料金など詳しく解説していきます。

①BASE

BASE公式

BASEは、国内最大級のネットショップ開設サービスです。140万ものショップ導入実績があり、 初期費用・月額費用ともに無料でネットショップを始められます。

ファッション・フード・雑貨など、さまざまなカテゴリーに対応しており、カスタマイズで自分のイメージ通りのデザインが作れるのも魅力です。


【BASEの特徴】

  • 初期費用・月額費用ともに無料で、商品が売れた時点でサービス利用料・クレジットカード手数料が発生する
  • 2万円未満の振込みに500円の手数料がかかる
 
初期費用 無料
月額費用 無料
サービス利用料 注文ごとに3%(商品代金+送料)
決済手数料 3.6%+40円
振込手数料 振込手数料:一律250円
事務手数料:2万円未満500円/2万円以上0円
商品登録数 無制限(1日最大1,000件)


②STORES

STORES公式


STORESでは無料プランの他に、月額2,178円の有料プランも用意されています。最初は無料プランから始めて、ショップの成長に合わせて有料プランへ変更することも可能です。各サービスの導入方法や、ノウハウが学べるオンラインセミナーを無料開催しているので、初心者でも安心してショップを始めることができます。


【STORESの特徴】

  • スタンダードプランの方が決済手数料が安いため、月20万円以上の売上でフリープランよりお得になる
  • オンラインセミナーや、24時間無料のWebフォーム相談窓口があり、初心者も安心
  • 予約管理やネット決済など、充実の機能でビジネスをサポート
 
初期費用 無料
月額費用 フリープラン:無料
スタンダードプラン:2,178円(税込)
サービス利用料
決済手数料 フリープラン:5%
スタンダードプラン:3.6%
(商品代金+送料)
振込手数料 振込手数料:一律275円
事務手数料:1万円未満275円/1万円以上0円
商品登録数 無制限


③イージーマイショップ

イージーマイショップ公式


イージーマイショップには、無料版・スタンダード・プロフェッショナル・カートプランの4つのプラン設定があります。


【イージーマイショップの特徴】

プランごとにデータディスク容量が決められている

  • 無料版:0.1GB
  • スタンダード:3GB
  • プロフェッショナル:10GB
  • カートプラン:1GB
 
初期費用 無料版:無料
スタンダード:3,000円
プロフェッショナル:3,000円
カートプラン:3,000円
月額費用
(1年または3ヶ月契約)
無料版:無料
スタンダード:2,700円(3ヶ月契約は3,000円)
プロフェッショナル:5,400円(3ヶ月契約は6,000円)
カートプラン:1,800円(3ヶ月契約は2,000円)
サービス利用料
決済手数料 3.57%+40円(無料版のみ5.0%+40円)
振込手数料 振込手数料:一律250円
商品登録数 無制限


④Ameba Ownd(アメーバオウンド)

Ameba Ownd(アメーバオウンド)公式


Ameba Ownd(アメーバオウンド)は、著名人のブログサイトとしても有名なホームページ作成サービスです。Ameba Owndのネットショップは全て無料で開設できます。


【Ameba Ownd(アメーバオウンド)の特徴】

  • かんたん商品登録で、すぐにショップが作れる
  • ブログやホームページがメインで、少しだけ商品を紹介したいという方におすすめ
  • BASEと連携しているので、運営面は安心
 
初期費用 無料
月額費用 無料
サービス利用料
決済手数料 3.6%+40円
振込手数料 不明
商品登録数 無制限


⑤FC2ショッピングカート

FC2ショッピングカート公式


FC2ショッピングカートには、無料プラン・プロプラン1・プロプラン2という3つのプランがあります。プロプランではディスク容量が増加でき、独自ドメイン設定でショップのURLを変更することも可能です。


【FC2ショッピングカートの特徴】

  • 決済代行会社オールインウォレット採用でスピーディーな一括決済
  • プロプラン1でディスク容量が1GBに、プロプラン2では50GBに増加
 
初期費用 無料プラン:無料
プロプラン1:2,500円
プロプラン2:10,000円
月額費用 無料プラン:無料
プロプラン1:750円
プロプラン2:6,600円
売上処理料 クレジットカード:5.0円/件
コンビニ決済:250円/件
電子マネー:無料
決済手数料 クレジットカード:5.0%
コンビニ決済:2.0%
電子マネー:6.5%~
振込手数料 不明
商品登録数 無制限


初心者にもおすすめ!人気の有料ネットショップ開業サイト

上記で「無料でネットショップを開業できるおすすめサービスランキング」をご紹介しましたが、ここでは「初心者にもおすすめの有料ネットショップ開業サイト」をお伝えしていきます。ご紹介するのは、以下の3つのサービスです。


  1. Make Shop
  2. カラーミー
  3. ショップサーブ


ネットショップ開業サービスの有料と無料にはどのような違いがあるのでしょうか。

以下の点に注目しながら読んでみてください。


  • デザインのカスタマイズ
  • SEO対策をした集客力の違い
  • サポート体制の違い


有料サービスもランクによって料金設定が異なり、それぞれできる範囲が決められています。各サービスごとに特徴も違いますので、自社に合ったサービスを見つける際の参考にしてみてください。

①Make Shop

Make Shop公式


Make Shopは、ショップ売上9年連続No.1のネットショップ・ECサイト構築サービスです。プレミアムプラン・エンタープライズの2つの有料プランがあります。サービス手数料は0%なので、いくら売っても売上手数料は一切かかりません。


【Make Shopの特徴】

  • 業界トップクラスの651機能搭載で、作成から運営までひとつのサービスとして行う
  • SNSとの連携で集客に力を入れ、売れるショップを構築
  • 15日間無料でプレミアムショッププランの全機能を制限なく試せる
プレミアム エンタープライズ
初期費用 10,000円 100,000円~
月額費用 10,000円
長期契約で7,000円
50,000円~
売上利用料 0% 0%
カード決済手数料 3.19%~ 3.14%
振込手数料 法人加盟店:毎月4件まで無料
個人加盟店:毎月2件まで無料
イプシロン管理画面で振込登録をすると振込専用ウォレットにチャージ
商品登録数 10,000 50,000


②カラーミー

カラーミー公式


カラーミーは、月額費用低料金・販売手数料0円・決済手数料も割安なので売上が伸びても利益率は高いままコストを抑えられます。さまざまな商材に適したデザインテンプレートに大胆なカスタマイズをプラスして、印象的なショップを構築しましょう。


【カラーミーの特徴】

  • 自由にページを増やせる機能を活用し、コンテンツで商品の魅力を伝えられる
  • SNSで商品をアピールし、集客に繋げられる
エコノミー レギュラー ラージ
初期費用 3,300円
月額費用 917円~ 3,300円 7,945円
販売手数料 0円
決済手数料 クレジットカード:4.0%~
後払い:4.0%~
コンビニ払い:130円~
代引き決済:280円~
AmazonPay:月額2,000円 + 4%
楽天ペイ:月額2,000円 + 4%
LINE Pay:月額2,000円 + 3.45%
PayPay:月額2,000円 + 3.45%
振込手数料 0円
商品登録数 ~4枚/1商品 ~50枚/1商品 ~50枚/1商品


③ショップサーブ

ショップサーブ公式


ショップサーブは、高速&安定&高セキュリティが設計ポリシーのビジネス重視型ショッピングカートです。運営開始後を大切に考えているため、開店後も専任の担当者がサポートしてくれます。


【ショップサーブの特徴】

  • 他社システムや自社基幹システムとの連携がしやすいツールを用意
  • ページ制作や顧客集めなど担当営業が相談にのってくれる
パブリック ベーシック プライム プレミアム
初期費用 15,000円
月額費用
常時SSLサイト証明書付き
11,400円 16,500円 22,000円 46,800円
月額費用
常時SSL企業実在認証付き
なし 19,700円 25,200円 50,000円
販売手数料 34円+税/注文1回
クレジットカード決済手数料 VISA・MASTER:3.675%/1売上
JCB・DINERS・AMEX:4.725%/1売上
商品登録数 500商品 3,000商品 3,000商品 3,000商品

振込手数料について

3万円未満 3万円以上
楽天銀行 無料 無料
三井住友銀行 100 円+税 300 円+税
その他 300 円+税 400 円+税


ネットショップ開業でサイトを選ぶ際のポイント


ここまで、ネットショップ開業におすすめのサービス11選をご紹介してきました。それぞれに特徴があり、どの部分を優先して選べばいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。

ここでは、自分にあったネットショップ作成サービスを選ぶ際に、押さえておきたいポイントについて解説します。


ポイントは、以下の3つです。


  • 初期費用や運営費用などのコスト
  • サイトの開設・運営のしやすさ
  • 取り扱う商材


詳しく説明します。

初期費用や運営費用などのコスト

ネットショップを開設する際に、最も気を付けたいのが初期費用・運営費用などのコストです。

はじめてのネットショップ開設では、いかに初期費用をかけずにショップを作れるかが重要なポイントになります。まだ最初の売り上げも見込めない段階で 大きな費用を掛けるのは、リスクが大きく危険 です。

ネットショップ開設時には、初期費用の捻出に心理的・金銭的コストがかからないようなサービスを選びましょう。


また、初期費用だけではなく、ネットショップの運営にはランニングコストもかかってきます。ランニングコストはサイトの月額費用以外にも、従業員の人件費や事務所の家賃など、運営を続ける上で避けられない出費です。


最初から手を広げず、まずは無料のサービスから始めて、ある程度ビジネスとして確立できたら有料プランに変更することもできます。

時間をかけて自社のサイトを育てていくのも大切な道筋と考えてはいかがでしょうか。


サイトの開設・運営のしやすさ

ネットショップを開設する前に必ずチェックしておきたいのが、サイトの使いやすさと運営のしやすさです。

サイトは完成したら終わりではなく、そこからは日々の更新作業が始まります。 商品の登録がスムーズにできるか、管理画面はわかりやすいかなどを必ず確認しておきましょう。


管理画面での注文・入金の確認や商品発送の状況など、進捗状況を把握できないと大きなミスに繋がります。個人経営のネットショップでは、特に信用が大切です。せっかく購入してくれたお客様を逃さないためにも、運営面には力を入れていきましょう。

取り扱う商材

ネットショップでは、取り扱う商材にデザインを合わせることも大切です。

モールに出店する場合、サイトのデザインや商材に関してルールが設定されていることがあります。画一的な見た目となるため、自社のコンセプトや商材のイメージよりも、サイズや状態を伝えることが重要です。もちろん、通販に起こりがちな間違いを防ぐためですが、デザインにこだわったショップページを載せたいという方もいるでしょう。


ネットショップ開業サービスには、いくつかのテンプレートが用意されているので、商材に合ったデザインを選べます。また、有料プランには、たくさんのテンプレートが用意されているだけでなく、カスタマイズして自由にイメージを変えることも可能です。

ずっと同じ画面では飽きられてしまったり「更新してないのかな」と思われてしまったりすることもあります。「季節で色を変える」「新商品を目立たせる」などの工夫も重ねながら、ショップのブランドイメージを表現しましょう。

まとめ: 相性のよいネットショップ開業サービスを見つけよう

この記事では、ネットショップ開業におすすめのサービスを中心に、さまざまなサービスについて解説しました。

ネットショップ開業サービスには、モール型と自社サイト型の2種類があり、自社サイト型の中には無料と有料のサービスがあります。

それぞれの特徴やメリット・デメリット、料金と運営方法の違いなどを参考に、自社と相性のよいサービスを見つけてください。

これから ネットショップは伸びていく業種 です。この機会に、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


NoCode Dashに問い合わせるVIEW LIST
NEW